スタートアップのポリシー

スタートアップは、株式会社ユーアップが運営する放課後等デイサービスです。子どもたちの「新しいことへの挑戦する気持ち」を応援し、成長をサポートします。子どもたちの気持ちに寄り添い、一人ひとりの状況に応じた支援を行うことで、将来自立するために必要となるスキルの習得を目指します。

支援活動について

スタートアップでは、厚生労働省が通知する「放課後等デイサービスガイドライン」に基づき、「自立支援・日常生活能力の向上」「創作活動」「地域社会への参加」「余暇の提供」の4つを組み合わせた発達支援を提供します。

成功体験を積み重ねることで自己肯定感を高め、生活能力の向上を促す。

創作によって表現する喜びを体験する。自然とふれあい豊かな感性を養う。

ボランティア活動など、積極的に地域との交流を図り、社会への参加を進める。

自分自身をリラックスさせる、望んだ活動を自己選択して取り組む。

スタートアップの特徴

子どもの特性に合わせた支援

お子さまの特性・課題や目標をもとに個別の支援計画を立て、教育・療育に関する資格を持った専門スタッフが、一人ひとりに寄り添い指導。自立するために必要となるスキルの習得することで、お子さま自身の将来的な負担を軽減します。

多彩な支援プログラム

スタートアップは、独自の支援プログラム開発に力を入れています。自主学習のほか、集団生活への適応を促すレクリエーション、豊かな感性を身につける創作活動など、多彩な支援プログラムでお子さまの成長をサポートします。

最新の教育環境・充実した設備

スタートアップは通信制高校・学習塾事業をバックボーンに、最新の教育環境を用意しています。ゲーミングPC・チェアなど、充実した設備もスタートアップの魅力のひとつです。お子さまの「学びたい」気持ちをサポートします。

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスは、平成24年4月に児童福祉法によって定められた障害児支援の一つです。障害・発達に特性のある就学児童が、放課後や長期休暇中に通うことができる施設であり、生活能力の向上を目的とした様々な発達支援を受けることができます。近年では「障害児のための学童保育」として広く認知されるようになりました。